アルファロメオはスタンドアロンのプレミアムメーカーになる

Ads by Google

Automotive News Europeによると、5月6日にフィアット-クライスラーのCEO・マルキオンネ(Sergio Marchionne)が彼の戦略とともにアルファロメオの新しいステータスを発表するだろうしています。

5月にマルキオンネが、何らかの発表をするという話題自体は、ずいぶん前からありましたが、「アルファロメオがスタンドアロンの会社」になるというのは初出ではないでしょうか。

アルファロメオをドイツのプレミアムメーカーと渡り合えるようにする意向のようで、イタリアの工場から輸出されるプレミアムクラスの開発に集中するだろうということです。

6車種の新型が計画中で、その内訳は、小型SUV、中型SUV、大型SUV、大型セダン、大型クーペ、2シーターロードスターです。トップバージョンには、ファルファが開発に関わったフェラーリ製V6ガソリンエンジンが載るようです。

アルファロメオをスタンドアロンの会社とすることは、もしかしたらVWグループに売却する一歩かもしれない、と見る向きもあり、VWはアルファロメオの買収に興味があったそうです。

その他、Jeepの販売網を使ってアルファロメオを売るなど、いろいろ書かれているので、下記記事を参照してみてください。

アルファロメオがプレミアムメーカーになるために、ジュリエッタやミトの売れ行きを考えるとFFのプラットフォームを軽視するのはいかがなものかと思います。

Alfa Romeo will become stand-alone company, sources say

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする