旧車名が中国で復活。日産、北京モーターショーで「Lannia(藍鳥) Concept」を発表

Ads by Google

Nissan-Lannia-concept-002_o

日産 Lannia Concept

日産は、北京モーターショーでかつての名車「ブルーバード」を意識した「Lannia Concept」を発表。日産の中国チーム(NDCなど)が深く関わって作られているとのこと。

Nissan-Lannia-concept-004_o

Nissan-Lannia-concept-003_o
昨年発表されたコンセプトカー「Friend-ME」と似たコンセプト、デザインです。ですが、これはカッコいいですか?グローバル展開される可能性もあるらしいので、もしかしたら日本国内でそれこそ「ブルーバード」として復活するかもしれませんが…それならIDxの方がいいですね。

Nissan Friend-ME Concept

Nissan Friend-ME Concept

日産 IDx

日産 IDx

ラニアは中国表記で「藍鳥」となり、同社の名車『ブルーバード』の伝統を引続ぎ現代に蘇らせたモデルでもある。

登壇したアンディ・パーマー副社長は中国専用モデルが最終的にはグローバルに展開されることを示唆。

【北京モーターショー14】日産、ラニア コンセプトを世界初公開…ポスト80年世代に向けて | レスポンス

旧車名が中国で復活といえば、トヨタから「レビン」が発表されましたが…。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする