トヨタは2017年までに全てのラインナップにプリクラッシュセーフティシステムを搭載

Ads by Google

2015-toyota-camry-xse-in-motionMotor Trendによると、トヨタは衝突被害軽減ブレーキの採用を加速し、2017年までには全てのトヨタ車への採用を目論んでいるそうです。

記事によると、2014 Advanced Safety Seminarの中で、トヨタの関係者が「accelerate them to the full lineup at an affordable price(お手頃価格でフルラインナップに自動ブレーキの採用を加速する)」と話したそうです。

背景には、IIHS(米国道路安全保険協会)の「トップセーフティピック+」の評価基準に自動ブレーキが必要であることと、NHTSA(国家道路交通安全局)が、将来のモデルに自動ブレーキの義務化を決定するかもしれないなどの事情があるようです。

将来的には、ABSやエアバッグのように衝突被害軽減ブレーキも標準装備になっていくのでしょうね。ただ、これはアメリカでの話、に終わらないことを願います。

Entire Toyota Lineup to get Pre-Collision Tech by 2017 – Motor Trend

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする