日本では発売されない(?)スズキSX-4 S-Crossのインプレは、パッとしません

Ads by Google

2014-suzuki-sx-4-s-cross海外でしか発売される予定がないのですが、スズキのクロスオーバーモデル、SX-4 S-Crossのインプレッションがあまり良くありません。

日本での発売が「ある」という論調だったのに、無くなったのですかね?
私は、この形はけっこう好きな方なのですが、海外メディア(autoevolution)の受けが良くないです。

スマホとブルートゥースで繋がらないインフォメントシステム、標準のオーディオシステムはダメ、加速が鈍くうるさいエンジン、ステアリングホイールからマルチインフォメーションを操作できない、電動パワステの出来もイマイチ…などなど。

しまいには、四駆が欲しいならダチア·ダスター(テラノの兄弟車)がいいし、FWDでクロスオーバースタイルがいいなら、ルノー・キャプチャーを薦めています(どちらもルノー系というのがアレですが)。パノラマルーフに魅力を感じるなら、このクルマを薦めるそうです…。

うーん、見た目はいいのに残念。関連するリンクと写真をちょっと貼っておきます。
2014-suzuki-sx-4-s-cross-first-drive-720p-22014-suzuki-sx-4-s-cross-first-drive-62014-suzuki-sx-4-s-cross-first-drive-4

諸元表を見てみたら、最低地上高が170、または165mmってぜんぜん高くないですね。ガソリン車でも総車重が1,730kgもあるし、ディーゼルになると1,870kgって重すぎませんか?

2014 Suzuki SX-4 S-Cross First Drive
スズキSX4 Sクロス SZ5 1.6D – 初試乗 | オートカー・デジタル – AUTOCAR DIGITAL
3月のスズキ中国新車販売、10.7%増… SX4 Sクロス 効果で3か月ぶりに増加 | レスポンス.

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. より:

    総重量(Gross vehicle weight)というのは、乗車定員ギリギリまで人が乗って、さらに荷物も積載可能重量までつんでガソリンもフルに入っている状態のことです。

    日本のカタログにのっているような一般的な、車両重量は、その諸元表でいうと、Kerb Weightの項目にのっている数字です。