世界支配のためのアルファロメオの新RWD / AWDラインナップの噂

Ads by Google

Alfa_Romeo
海外記事に数年後のアルファロメオのラインナップについての噂を見つけました。その中には、マツダ・ロードスターと兄弟関係になるスパイダーの話もありました。

グーグル先生の力を借りながらなので、一部解釈がおかしいかもしれないですが…。
アルファロメオの新しい事業計画が2014年の春に発表されるとの前提で話が進んでいます。

細かいことは割愛して、興味のある部分をピックアップすると

アルファロメオジュリエッタ
4ドアハッチバックは2010年デビューし、2014年モデルで中旬周期のリフレッシュを受けている。2016年にはモデルチェンジがある予定だが、フロントドライブアーキテクチャに変更があるとは考えにくい。

アルファロメオスパイダー
マツダ・ロードスターベースのアルファロメオスパイダーは、2015年に出荷予定です。マツダは、広島の工場でミアータと並んでスパイダーを生産する。2つのロードスターは、基本的な基板と生産ラインを共有する。アルファは独自のデザインを持ち、170馬力を発するターボチャージャー付き1400ccエンジンを載せるが、ミアータは多分自然吸気スカイアクティブだろう。

コンパクトクロスオーバー
ジープのJeepsterフィアット500Xをベースにするまだ無名のこの車は、アルファロメオ初のコンパクトクロスオーバーになる。

ミッドサイズSUV
2014年型ジープ・チェロキーをベースにアメリカで作られる計画だったが、今は新しいアーキテクチャをもってイタリアで作られるようだ。

フルサイズSUV
マセラッティ・レバンテ(ジープ・チェロキー)のプラットフォームを使ったフルサイズSUVを真剣に検討している。

ポルシェやランボルギーニもSUVを作る時代ですから、今までその分野に手を出していなかったメーカもこのようにSUVをラインナップに加える必要があるのですね。

こうして訳してみるとあまり核心をついた話はしていないような…。ただ、一連のラインナップの整備でBNWやベンツとたいをはるつもりだと記事には書いてあります。また、中国とアメリカで成功することがアルファロメオの黒字のもととも。

クライスラーともどもアルファロメオもフィアット傘下であるとか、この辺りは各車の関わりが複雑ですね。

それにしても、ジュリエッタを見るに度にアクセラとのデザインの共通性の多さに笑ってしまいます。

Previewing Alfa Romeo's New RWD/AWD Plan for World Domination – Motor Trend WOT.

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする