いよいよ明日発表!「レヴォーグ」のルーツは『アドバンスドツアラー』?

Ads by Google

Subaru Advanced Tourer Concept

東京モーターショー2011でのSubaru Advanced Tourer Concept

2011年の東京モーターショーに出品された「Subaru Advanced Tourer Concept」の紹介記事の中に色々とヒントがありますね。

  • いわゆるCセグメント・サイズのボディ
  • 1.6リッター水平対向4気筒直噴ターボ・エンジン
  • シングル・モーター式のハイブリッド・システム
  • リニアトロニック」と呼ばれるCVTを介して4輪を駆動する

なにより、Cセグメント(インプレッサ、アクセラ、ゴルフ、A3、1シリーズ)サイズというのが味噌です。そして、1600ccの直噴ターボ…ん?グーグル先生の答えの中に「インプレッサの荷室拡大版にあたるツーリングワゴンとして市販車開発が行われている。」というページがありました。

発売開始は、2014年の春頃なのでしょうか。ここ最近(?)発表から発売までの期間が長い車が多くて、「待ち疲れ」してしまいますね。

すでに、テレビCMも流して、25年目のやる気満々の「レヴォーグ」。なんちゃってバリエーションとか、選択肢の少ないオプション設定とか、現実的なところで泣きが入らないことを祈ります。

【東京モーターショー2011】1.6直噴ターボ+ハイブリッド!スバルが提案する次世代ツアラー! – Autoblog 日本版

あ、モーターショーが始まるのか…。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする