CX-5の試乗事故は、人為的ミスとの見方が強まる?

Ads by Google

記事によると、

  • 乗用車が障害物に見立てたマットに接触する際に時速30キロを超えていたとみられることが16日、捜査関係者への取材で分かった。
  • 県警は人為的なミスだった可能性が高いと判断。

ということです。

システムエラーによる事故ではない、という見方ですが、いずれにせよ「自動ブレーキ」による安全確保は、100%ではないとの理解が進むのは、”怪我の功名”ではないかとも思います。

30キロ超で走行、人為ミスか 自動ブレーキ体験中の事故 – ライブドアニュース.

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする