新型スカイラインはインフィニティのバッジ付きハイブリッド車

Ads by Google

2014skyline
この車からハイブリッド専用モデルになって生まれ変わって…すかり”アメ車”ですね。2.5L車も無くなりベースグレードで約450万円から。ハイブリッドモデルを普及させるつもりはまるでないようです。

全グレードにAWDモデルがあるのは”エラい”ですけどね。

日産は売れるか高額車種にしか安全装備を採用しない、メーカとしての安全意識に多少疑問を持ってしまいます。スカイラインでは、ようやく他社並みに安全装備が追いついた印象です。

5つのドライブモードでお好みの走りを実現します。カスタマイズ機能を新搭載したドライブモードセレクター。
ドライブモードセレクターは、ドライブモードセレクタースイッチで直感的な操作が可能。従来までの4つのドライブモードに加え、カスタマイズできるPERSONALモードを新搭載しました。

この手の装備って、今はどうでしょう。受けいられるのでしょうか。多少古いイメージがあります。


必要な情報を一度に大きく表示できる、大画面ツインディスプレイ

大画面ツインディスプレイ

大画面ツインディスプレイ

ナビは走行中に操作しないので、タッチパネルでもOKだと思いますが、エアコンは手探り操作できないと不便だと思うのですが、スズキも採用していましたよね。


国内がメインターゲットではないのでしょうが、日産は国内ではどんな車を売りたいのか…このままでは、シャア回復には相当な時間がかかるように思います。

日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン | このクルマの魅力.

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする