i-DMって必要ですか?

Ads by Google

不要だと思う理由。

・雪道なのに加速減速を云々する点
・主に加速で加点するというロジック
・坂道発進などでアクセルを踏み込む必要があるのに、マイナス判定になる
・どうすれば高スコアを取れるかが分かりにい
・危険回避のハンドル操作でもNG扱い
・駐車スペースに入れるだけなのになぜか減点
・アクセルの評価が過敏過ぎる(再現性の低いアクセルのセッティング)


要は、運転中の環境をまるで無視している点が、「装置」として不完全なのに、ドライバーにその判断を強いている点が、どうにも気に入りません。

さらに、表示モードを切り替えるとコーチング機能が働かないのも不思議です。

それならば、必ずハイスコアになるアクセル・ブレーキワークになるような仕掛けにするほうが、正解ではないでしょうか。

人馬一体の意に反するのであれば、どう運転したいかをドライバーに選択させればいいと思います。
スバルのSIドライブでは、そのモードを選択した以上、そのモードに沿ったアクセルワークになります。
インテリジェント・モードだと、本当に加速しないです。その代わりSやS#だと公道で使うの気が引けるほど加速します。

自分が楽しい運転ではなく、i-DM先生が好む運転になってしまっては、本末転倒な気がしてなりません。
正直、i-DMに見張られている運転は、楽しくはないです。

評価は、CX-5初期型を基準にしています。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする