iPhone下取りプログラムを利用してみた

Ads by Google

iPhone SEの購入目的で、所有しているiPhone 5を下取に出すことにし、Appleが提供するサービスを利用しました。

リユース&リサイクルプログラムでiPhone 5を下取りに

下取りサービス自体は、ソフトバンクと関係のあるブライトスターが「リユース&リサイクルプログラム」として提供しています。ソフトバンクと聞いただけで、少し嫌な予感がするのですが…査定価格の相場感は?と思って、ソフマップの買取価格を調べたら、3,300円でした…背に腹は代えられないです。このサービスを利用しました。

動機

手頃な価格のiPhone SEが発売されるのを期に、これまで使っていなかったiPhone 5を下取りに出し、少しでも安く入手するためにリユース&リサイクルプログラムを利用しました。

手順・過程

まず、北海道からこのサービスを利用した時、トータルの日数は、3月22日に申し込み、3月31日にAppleギフトカードが送られてきましたので、9日間になります。
iPhone下取り
それぞれの過程で気になった部分を振り返ると、

見積り

見積もるときに製造番号(IMEI)を入力すると、「iPhoneを探す」を解除しないと先にススメないようになっているみたいでした。これは親切というかミスを無くすのに必要な操作だと思います。

で、見積金額は、
mitsumori
これは私の端末ではなく、iPhone 5の型番を入力した際の金額です。私の端末も同額の9,300円でした。

申し込み完了〜送付キット受け取り

ブライトスターのページで見ることが出来る、マイアカウントの「ステータス」が、ずっと同じ表現のまま変わりません。「発送させていただきます」が「発送しました」になると、受け取りのための準備ができるのですが…。
status
送付キットは、佐川急便が運んできます。もう、悪い予感しかしません。案の定、再配達の時に時刻指定をしたにもかかわらず、2時間遅れで届きました。

送付キット返送

送付キットにiPhone 5と申込内容確認書だけを入れて送り返すのですが、業者は佐川急便なので、集荷に来てもらうより営業所に行ったほうが確実だと思い、車で30分の距離にある営業所に持参しました。

査定

送り状の問い合わせ番号で、先方に荷物が届いたのか分かるのは精神衛生上ありがたいです。26日に送付キットを受け取り、27日返送して、29日に配達完了になりました。

FAQでは2営業日以内に査定結果を通知するとのことなので、30日か31日には結果分かります。

査定結果〜Appleギフトカード発行

査定結果の通知は、31日の朝に届きました。それから12時間後にApple Storeギフトカードの番号がメールで送られてきました。これにて完了です。

感想・まとめ

iPhoneを送るための送付キット(空箱)が、本人確認必須で送られてきます。しかし、発送時に問い合わせ番号は伝えられず、不在通知で「届いた」ことを知ることに…。事前に都合を合わせることが出来る方が、運送会社も私もありがたいはずなのですがね。

あと、送付キットiPhoneを入れて、確認書にサインするだけなので、キットを受け取ったその場で済ませて、持ち帰ってもらえばよかったと思うのですが、そういうことは可能だったのかな?

このギフトカードは、iPhone SEには間に合わなかったのでMacの購入時に利用したいと思っています。それにしても、アップルストア札幌の閉店が、こんなところに影響するとは、タイミグ悪すぎです。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする