[ヒトバシラー]Toast 12とMac OS X Yosemiteで不具合、DVDが焼けない

Ads by Google

dust-dvd

Yosemite + Toast 10でDVDが正常に焼けない不具合があったところに、ちょうど良く割引があったので「渡りに船」とばかりにアップグレード版を購入したのですが….Toast 12でもまったく同じ不具合が出てしまいました。

上の写真は、無駄になったDVDです。中央部しか焼けていないです…。確かにToast 12のシステム要件を見ると、「Mac OS 10.6-10.9 Mavericks※1(すべての機能を利用するにはMac OS 10.7または10.9が必要)」と書いてあります。

まさか、このタイミングで発売しておいて、10.10で「まったく使えない」ことはないと高をくくったのが失敗ですね…。

一応、検証してみました。

0)症状

  • DVDを焼き始めると、7%から10%進んだところでプログレスバーが止まってしまう
  • 中止処理を受け付けず、ドライブは回転したまま
  • 途中まで焼いたディスクでも一応マウントはできる。ファイルもいくつか書き込まれているが、読み込めない

1)ドライブを換える

  • Firewire、もといThunderbolt接続のドライブでダメだったのでUSB 3.0接続のドライブにしても状況に変化なし

2)フォーマットを変えてみる

  • 「Mac + PC」でダメだったので、「Mac」で焼いてみてもダメでした

3)別な方法で焼いてみてドライブが使えるか

  • ディスクイメージを作って、ディスクユーティリティを使ったら焼けるのでドライブの故障ではなささそう

ということで、自分の中ではToast 12がYosemiteに非対応だという結論になっています。しかし、2chでは使えているという書き込みもあります…うーん。とりあえず、メーカーがYosemite対応と謳うまで、古いMac miniの出番です。トホホ

Roxio Toast 12 Family – DVD Burning – Video Conversion – Music and Video Capture for Mac

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする