新型Mac mini(Late 2014)がようやく登場!買いますよ!

Ads by Google

mac-mini-late2014

2年ぶりにMac miniがモデルチェンジしました。自分のMac miniを買い換える時がようやく訪れました。

新型Mac mini(Late 2014)になって気をつけること

なにせ2010年モデルからの買い替えなので、いくつか備忘録的に…。

  • 光学ドライブ非搭載(OSインストールもネットからの時代ですものね)
  • Firewire 800ポートが無くなり、Thunderbolt2になっている(変換コネクターが必要)
  • メモリーを自分で交換できない(アップルストアで購入時に決めておく必要がある)

これくらいでしょうか。メモリーが基板直付というユーザーの事前の決断が必要な仕様に着々と切り替わっていますね。

購入モデルの仕様をどうするか

新型Mac mini(Late 2014)のラインナップ(価格は税込にしてあります)

  • GOOD:Core i5 1.4GHz Intel HD Graphics 5000 4GB RAM 500GB HDD 57,024円
  • BETTER:Core i5 2.6GHz Intel Iris Graphics 8GB RAM 1TB HDD 80.784円
  • BEST:Core i5 2.8GHz Intel Iris Graphics 8GB RAM 1TB Fusion Drive 115,344円

狙い所は、中間グレードです。メモリーは最低でも8GBは必要ですが、クロック数を求める作業(ゲームも含めて)は、あまりしないので、自ずとこの辺りが落とし所になります。

ただし、HDDは1TBとは言え、5,400rpm仕様はやはり気になりますので、Fusion DriveかSSDに変更します。そこで、気になるのがFusion DriveとSSDの速度差です。

広田稔のMacでいこまい(13):Fusion Driveは効果大! 新旧「21.5インチiMac」を徹底比較 (2/3) – ITmedia PC USERのような古い記事を読んでいると、この両者で強く体感できるほどの速度差が無さそう…ということにして容量重視でFusion Driveでいきます。

購入仕様はこれ
Core i5 2.6GHz Intel Iris Graphics 8GB RAM 1TB Fusion Drive 101,952円

なんと!いざ買おうとしたら、アップルオンラインストアがメンテ中ですか!iPadの予約準備か?!

備忘録に追加…au WALLETのチャージは10万円が上限なんですよね。たしか、自分の購入仕様は10万円を超えるんですよ…75,000円をチャージして気づきました。痛っ

追記:00:30頃購入手続き完了!到着は来週末予定!

新型Mac mini(Late 2014)、旧型(Late 2012)と比較~知っておくべき重要な違いと性能差 – こぼねみ

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする